スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナル

03 31, 2010
4月に“Sweet Hollywaiians"で東京・横浜に出かけます。

詳しくはコチラ http://www.sweet-strings.com/schedule/

4月10日の横浜ジャグバンドフェスティバルには、National Reso-Phonic Guitarsの代表ドン・ヤング氏も来られるみたいですね。

National社の楽器は,1920年代後半から、Tampa Red, Scrapper Blackwell, Son House, Blind Boy Fuller, Bo Carter, Oscar Aleman, Sol Hoopii, Tau Moe, Bob Kaai など,多くのミュージシャンに愛用されてきました。

National社の歴史については、Bob Brozman著の"The History & Artistry of National Resonator Instruments"に詳しく書いてありますので、興味のある方は是非ごらんになって下さい。


"National Tricone Square Neck"の音色が聴ける1枚
Jim  Bob






スポンサーサイト
3 CommentsPosted in 音楽
カレンダー
プロフィール
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。