スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラン・ダッジ ( アル・ダッジ )

04 13, 2010
IMG_0654.jpg

アラン・ダッジ ( Allan Dodge, Al Dodge )

チープ・スーツ・セレネイダーズ ( The Cheap Suit Serenaders ) のメンバー。

マルチ弦楽器奏者。レコード、楽器コレクター。恥ずかしがり屋さん。


2007年、サンフランシスコ近郊の町バークレーにある,ウクレレ工房 ”ダ・シルヴァ ( DaSilva )"を訪ねました。

そこで、アランに初めて会いました。


彼は、浄瑠璃の78回転レコード、パラマウントのテナーバンジョー( モデルは忘れました )、ナショナル・トライコーン・スクエアネック・スタイル2を持参して来ました。


いい感じのオタク感を醸し出してましたね。

僕は、彼の雰囲気が好きです。

まるで、映画"ゴーストワールド"の”シーモア”みたい。


ああっ、彼に”君のマンドリンの感じ、いいね”と言われたことを今、思い出しました。

あんなマニアックな方に褒められるなんて、光栄です。


近年は、ダッジズ・サンドジャース ( Dodge's Sundodgers ) という5人編成のストリングバンドを結成、CDもリリース。


Under The Sun / Dodge's Sundodgers


1900~1930年代のオールドタイムミュージック。

使用楽器は、

Iucci mandolin, National Tricone Square Neck, National Triolian Tenor Guitar, Vega Mandola

Bacon and Day Silver Belle Ne Plus Ultra Number 6 banjo, Gibson Super 400 Guitar, Bass Banjo など。


映像もありますよ Dodge's Sundodgers And Their Guitars


映像で使用してるマンドリンはIucciのコピーモデル。

本物をX線で分析して、作ってもらったそうです。

欲しいね、これ。

さらに、ウクレレビルダーとしても活動中。Kaleponi Ukuleles


今度は、彼の家に行きたい。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
プロフィール
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。