スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョー・ヴェヌーティー

04 24, 2010
R0025665.jpg


ジョー・ヴェヌーティー ( Joe Venuti )

1920~70年代に活躍した、ヴァイオリニスト。ジャズヴァイオリンの父とされる。

ジャズギターの父、エディー・ラング ( Eddie Lang ) とは、親友。

イタリア系。


1930年の映画”キング・オブ・ジャズ ( King of Jazz )”にも出演。

その動画はコチラ Joe Venuti & Eddie Lang / Wild Cat


長年に渡って活動していたので、録音も多いです。僕の好きなアルバムは、


Classic Columbia And OKeh Joe Venuti And Eddie Lang Sessions (8 CDs) / Mozaic

ギタリストのエディー・ラングと一緒に活動していた1930年代前半までの録音。

廃盤みたいですが、どこかにあるはずです。

なかったら、やっぱりヤズー盤で。

Violin Jazz 1927-1934



Never Before...Never Again

ギタリスト、シンガーのトニー・ロマーノ ( Tony Romano ) とのデュオを収録。

エディー・ラングが実際に弾いていたギター ( Gibson L-5 16インチ ) を トニーが使用。

1950年代の録音なので、音がとても良く、泣けます。



ジャズバイオリニストといえば、もう1人、ステファン・グラッペリ ( Stephane Grappelli )がいます

あの天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト ( Django Reinhard )とコンビを組んでた人。

Venuti + Grappelli = Venupelli ということで"Venupelli Blues"という2人のジャズヴァイオリニストが共演したアルバムもあり。

Venupelli Blues



先日、とあるヴァイオリン教室の発表会の手伝いにいったのですが、やっぱヴァイオリンの音色はいいですね。

弾ける人を尊敬してしまいます。


*4月27日に、Sweet Hollywaiians でライブします。
詳しくは、コチラ http://www.sweet-strings.com/schedule/
スポンサーサイト
7 CommentsPosted in 音楽
-7 Comments
By まめ柴コロすけ04 24, 2010 - URL [ edit ]

楽しいマリオさんの日記☆
猫も楽しい。

写真などは全部マリオさんのコレクションですか?
78回転でしたっけ?
きっとお宝なのですね。
猫さんもそうですけど、愛情が伝わってきますね。
機会があれば、拝見したいものです。

By マリオ04 25, 2010 - URL [ edit ]

> まめ柴コロすけさん

そうですね~。

By ブログランキング04 25, 2010 - URLedit ]

はじめまして、
ブログランキング「ブログん家」の管理者です。
ランキングへ参加してみませんか?
http://www.blog-server.net/
よろしくお願いします。

By カツオ04 26, 2010 - URL [ edit ]

動画って早送りですか!?

ち、超絶技巧・・。

By マリオ04 27, 2010 - URL [ edit ]

> カツオさん

すごいですね

By nori04 28, 2010 - URLedit ]

バイオリンが弾けるからと言って素敵なひとばかりではありません。当たり前ですが…。音と香りはいつまでもキマスね まぁかなり最近の事です。マリオさんならすぐさま弾けるでしょう!是非聞いてみたい◎昨日楽しかったー大阪来て良かったっ!私もスラックキーがんばる。

By マリオ04 29, 2010 - URL [ edit ]

> noriさん

遠方からはるばるお越しいただき、ありがとうございました。
スラックキー頑張って下さい。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
プロフィール
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。