スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

National Tricone Style1 Squareneck

05 07, 2013
mmg588_edited-1.jpg
Camera: Leica III
Lens: Leitz Summar 5cm F2
Film: Kodak Tri-X400
Dev: Rodinal 1+ 50

Enlarger: Lucky G70
Lens: Leitz Varob 5cm F3,5
Paper: Foma Fomatone MG Classic 132
Dev: Ilford Multigrade 1+9

これは一体なんでしょう?シリーズ第2弾です。

ギターのようですね。

そうです、ギターです。

ですが、一般的なギターと違いまして、ボディー部分は500円玉と同じ「ジャーマンシルバー」という合金でできております。

また、ボディー自体を振動させて音を出すのではなく、

ボディー内部にある「コーン」と呼ばれる、とんがりコーンをベシャっと押しつぶしたような形をした、アルミの共鳴板を振動させ音を増幅させる構造になっており、アコースティックギターより大きな音がでます。

リゾネーターギターというジャンルのギターです。

しかも、リゾネーターギターのジャンルの中でも、この写真のモデルは、共鳴板「コーン」が3個入ってるので、「トライコーン」と呼ばれます。

また、ややこしいんですが、通常左手が触れるネックと呼ばれる部分が四角いので、「スクウェアネック」。

ってことで、

正解は「ナショナル・トライコーン・スタイル1・スクウェアネック」、

とてもモダンなデザインですが1929年製です。

1920年代後半にナショナル社(松下電器ではない)がロサンゼルスで作りはじめ、

数多くのジャズ、ブルース、ハワイアンのミュージシャンに使われ、流行しましたが、

電気の力で音を大きくするエレクトリックギターの台頭によって1940年代前半には衰退しました。

しかし、1989年「National Reso-Phonic Guitars」として生まれかわり、現在はカリフォルニア州のサンルイス・オビスポで生産されております。

先月惜しくもお亡くなりになられました、ボブ・ブロズマンさんはこの手のギターの神様として有名ですね。

見た目ギンギラギンだし、音デカいし、なんせ目立ちたい人にはオススメの楽器です。

興味ある方は1992年にフジテレビで放送された『アメリカン・ギターズ』シリーズのナショナル編をぜひご覧下さい。

ちなみにナショナル工場に去年、遊びにいきました。

そのときの記事はコチラ。http://mariology.blog3.fc2.com/blog-entry-759.html





Sweet Hollywaiiansライブのお知らせ
今週末は浜松、東京にお邪魔します。

sound globe @ Esquerita68
Date: 2013-05-10 Fri 19:00 (Open: 18:00)
Venue: Esquerita68
Address: 静岡県浜松市西区大平台2-48-30 リサービア大平台1F
Fee: 前売り¥2,500(ドリンク別) / 当日¥3,000 (ドリンク別)
Inquiries: Esquerita68
Tel: 053-485-9968
E-mail: info@esquerita68.com


Workshop & Concert @ PoePoe Tokyo
Date: 2013-05-12 Sun 14:30 (Open: 14:30)
Venue: ポエポエ東京
Address: 東京都目黒区祐天寺2-15-16 エスパス2 1-S
Fee: ワークショップ¥2,500 ライブ¥3,500(当日¥4,000)ワークショップとライブの両方参加される方は特別料金(¥5,500)
Inquiries: ポエポエ東京
Tel: 03-3716-1339

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

maskedmario - View my recent photos on Flickriver
スポンサーサイト
-4 Comments
By コージ05 07, 2013 - URL [ edit ]

はじめまして。
20ウン年前、当時バンドマンを目指していた青年は白人ブルースが大好きで、
ジョニーウィンターのスチールギターに憧れ渋谷・神田・お茶の水を徘徊し、
ようやく納得のギターに出合いました。
当時価格で50万という価格も驚いたが、あまりにスライドしか受け付けないネック形状と弦高にびっくり。
やはり二十歳そこそこの若造にはもったいないくらいのシロモノであきらめました。
でもそれ故の鳴りがたまらないのですよね〜

すみません。懐かしさのあまりつい・・・
TANTI BACIのNINAさんに紹介していただき、いつも楽しく拝見させていただいております。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

By ゴジラ大好き05 07, 2013 - URL [ edit ]

こんばんは
…ジ〜ンと感動しました…
いい音色ですね。
写真だけ見た時は、もっと金属的でキンキンといった甲高い音かと思っておりました。
深みの有るというか…不思議な音色ですね。
ほんのちょっとですが、子供の頃持っていたブリキのおもちゃのギターのような音も出たり?と面白いですね。

当方、音楽系(楽器)などはまるでダメですが、このようなギターを作ってみたいですね。
…ギターが弾けなくとも作られている方がいたので…俺もやってみたい!…と夢が…

当方が、もっと若い頃だったら独学で作っていたかも…(笑)

すてきなギターをご紹介頂きありがとうございました。

By マリオ05 08, 2013 - URL [ edit ]

> コージさん

買っただけであんまり練習してませんので、これからはもっと弾いてあげようと思っております。
これからもよろしくです。

By マリオ05 08, 2013 - URL [ edit ]

> ゴジラ大好きさん

ぜひ夢に向かって。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
プロフィール
最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。